観る!将棋部

藤井聡太プロの対局を中心に将棋ニュースをお伝えします!

藤井聡太四段の対局

[第8局]○藤井聡太四段 vs 大橋貴洸四段(たった一人のプロ入り同期を破り8連勝!)

[第8局]○藤井聡太四段 vs 大橋貴洸四段(たった一人のプロ入り同期を破り8連勝!)

藤井聡太四段。プロ入り同期の強敵を破り8連勝です!

1.[第8局]藤井聡太四段の対局結果

[第8局]藤井聡太四段の対局結果は?

後手 ○藤井聡太四段
先手 ●大橋貴洸四段(0.400)[77/C1]
(昨年度の勝率)[レーティング順位/順位戦のクラス] 
2017/3/10 第48期新人王戦 本戦 2回戦(棋譜)
男性棋士のSNS&ブログ集へのリンク|大橋貴洸




前局まで、デビューから無傷の7連勝。
(歴史上、5名存在した中学生プロ棋士の中では最高連勝記録。)

無敗で迎えた[第8局]は大橋貴洸四段との対局です。

前評判では、
若干藤井四段が有利とのことでしたが
新進気鋭のこの2人
実力はほぼ互角と見られています。


戦型は角換わりの相腰掛け銀
69手目、藤井四段の6三竜。
6三の歩を取り、竜を切って一気に寄せへ

投了図、128手まで。
藤井聡太四段の勝ち




終盤から驚異的な粘りで
入玉へと導く大橋貴洸四段の玉を捉えて
藤井四段の完勝。

これでプロデビューから無敗の連勝記録を8連勝としました!

2.対局した棋士のエピソード

今回の対戦者「大橋貴洸四段」にまつわるエピソードをご紹介します!

大橋貴洸四段は
2016年10月1日に四段昇段
(第59回奨励会三段リーグ準優勝・12勝6敗)

この時の奨励会三段リーグ優勝者が
当時13歳の藤井聡太三段(13勝5敗)
第59回奨励会三段リーグ戦|2016年4月~2016年9月
参照元:日本将棋連盟(2017年6月調べ)





プロ育成期間(奨励会)に在籍する
30名ほどの三段棋士によって
年に2回行われるプロ棋士への最終関門
奨励会三段リーグ。

1期ごとの総合成績によって
プロ棋士となれるのは
優勝者と準優勝者の2名のみ。
大橋貴洸四段は
藤井聡太四段と同時にプロ入りを決めた
唯一の同期生です。

第48回の奨励会三段リーグから参加している
大橋貴洸四段ですが、
リーグ戦では四段昇段一歩手前の三位。
次点も経験していて

プロ入り前の奨励会練習生でありながら
六段以下のプロ棋士が参戦する
「第46期新人王戦」において
決勝戦3番勝負で先勝するも準優勝。
(優勝は菅井達也七段・2017年王位戦挑戦者)




この「第46期新人王戦」は
佐々木勇気五段
(ジュネーブ生まれ。解説でお馴染みの勇気流)
斎藤慎太郎七段
(2017年棋聖戦挑戦者)
千田翔太六段
(2016年棋王戦挑戦者)
澤田真吾五段
といった若手強豪棋士がひしめく大会でした。
(上記のタイトル、王位・棋聖・棋王挑戦時のタイトルホルダーは羽生善治さんです。)

大橋貴洸四段、今後の活躍に期待です!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)